5月の記録 - vol.2

c0149168_728415.jpg

c0149168_7283868.jpg
チゴユリ
c0149168_7283572.jpg
まきばにてロバと馬
c0149168_7282995.jpg

c0149168_7283143.jpg

c0149168_7282432.jpg
河岸段丘も緑が濃くなり始めた
c0149168_7282178.jpg
一気に伸びたね自家採取モロッコインゲン
c0149168_7281870.jpg
スナップエンドウ
c0149168_7281478.jpg
この日はベランダで育苗したズッキーニを植えた。
c0149168_7281136.jpg

c0149168_728841.jpg

c0149168_728450.jpg

c0149168_72826.jpg

c0149168_7275835.jpg
蟻とアブラムシの観察
c0149168_7275489.jpg
テントウムシとアブラムシの観察
[PR]
# by moricof | 2011-05-24 07:35 | 畑の様子

5月の記録 - vol.1

c0149168_7215550.jpg

c0149168_7214627.jpg

c0149168_7212864.jpg

c0149168_7211553.jpg

c0149168_721131.jpg

c0149168_721333.jpg

c0149168_7205992.jpg

c0149168_7205592.jpg

c0149168_7203851.jpg

c0149168_7202756.jpg

[PR]
# by moricof | 2011-05-24 07:26 | 畑の様子

4月の記録 - vol.2

4月25日(月)
この日は仕事が休みであるため、畑でやりたい事たくさん。
しかし、終日畑に居るならば1日はそこそこ長く、
また、急いで作業をしても、疲れてしまうということもあり、
のんびりと周辺の新緑を楽しみつつ、スロースタート。

c0149168_1742502.jpg
キブシ

c0149168_17425762.jpg
もう2〜3日経てば、緑の具合もちょうど良いだろう。

c0149168_1743196.jpg

とりあえず、電柵を完成させました。乾電池でも動くのだけど、車用のバッテリーの方が持ちが良いとのことで、車屋の知り合いに中古は無いか打診したところすぐに2個ゲットしてきてくれました。

ちなみに、通電してる時にロープに触ってみた感触というのは、肩とかにペタンと張って電気を通すマッサージ器具。あんな感じです。こんなんで鹿は防げるのだろうか・・・ちょっと心配ではありますが今の所被害が止まっています。

c0149168_1743854.jpg
先日、ポットに移植しておいたレタス。そこそこの大きさに育ってきたので畑に定植。毎回、こんなのを自宅のベランダから運んでくるので、腰とか肩とか・・・いい運動になります。ていうか、何十個と、苗を植えていると、終わる頃には肩がコリコリ。激痛が走るくらい。そんなもんなんですかね!?

c0149168_17431068.jpg
ニンニクは、だいぶ勢いが出てきた。雑草の生え具合も良い感じに見える。雑草が生えることで、土の湿度が保たれ、ニンニクは水分をたくさん吸収してより大きくなれる・・・はず!?

c0149168_17431290.jpg
イチゴは毎年放任なんですが、年々野生化して、粒が小さくなってしまって・・・。なので、昨年秋にランナーの孫株を取って定植した訳なんですが、微妙です。

c0149168_17431828.jpg
畑に金の卵!?と思ったら
c0149168_17432138.jpg
金のキノコでした。金のキノコ、初めて見たー。
c0149168_17432430.jpg
ルッコラは好きです。
c0149168_17434167.jpg
葉の美味さはもちろんのこと。花もカワイイ。しかも、蕾はそのまま食べると本当に美味い。辛く、甘く、そしてルッコラ特有のゴマの風味も!畑で小腹が空いたらつまみ食いしています。

c0149168_17432757.jpg
種を蒔いて発芽した時点で、周囲に雑草が無いと、害虫の攻撃を独占的に受けます。種を蒔かない所には雑草を残して、種を蒔くようにしています。奥のように、細長く溝を掘るのが良いか、手前のように、ある程度の幅の土を削って蒔くのが良いか、という実験です。予想では、前者のは草の勢いに負けてしまうような気がするのですが・・・。どうでしょうね。


c0149168_17433011.jpg
園芸屋で買ったレタスミックスのトレーの苗、4/11に定植した株は、二週間後、一回り大きくなっていた。しっかり根付いたようで嬉しい。寒さに強いレタスですが、一応、寒冷紗で覆ってます。

c0149168_17433820.jpg
この日持ってきたレタス苗も定植。この夜、早速霜にやられることになる・・・。結果はまだ観ていません。

c0149168_17431514.jpg

こんな季節は1年で一度きりなんだよね。
明日は明日で、微妙に今日とは違っている。
一ヶ月後はもう草だらけ。
二ヶ月後はもう蒸して濡れてジメジメ。 
三ヶ月後はもう暑くて朝と夕方しか作業出来ない。

まあ、でも、どの季節も結構好きです。楽しみです。
1年に一度きりの季節だから。
その間にも、作物はそれなりの成長を見せてくれるから。

昨年も、一昨年も、畑や店が忙しくなるにつれて、ブログの更新が滞ってしまいました。
その辺をなんとか、改善出来ないものかと日々考えてはいるものの、
改善策は未だ見つかっておりません。

まあ、でも、観てくださる人が居る、というのは、大きな励み。大きなエネルギーになります。
今シーズンも頑張りますので、宜しくです!
[PR]
# by moricof | 2011-04-27 21:41 | 畑の様子

4月の記録 - vol.1

c0149168_14161984.jpg
昨年のイタリアンパセリ。


c0149168_14152963.jpg
冬の間に、鹿につまみ食いされたニンニクも、暖かくなって少し伸びてきた。


c0149168_1414837.jpg
園芸屋で、レタスミックスが、大きなトレーにこんもりと生い茂った状態で売られていた。1580円。迷わず買った。トレー左側1/4あたりの大きな株は、その日に定植したが、残りの3/4程度は、まだ定植には早そうなので、持ち帰り、ポットに移し替えた。ポットである程度大きくしてから再び畑に移植する予定である。例えばこんな感じで↓。
c0149168_14241239.jpg
また、それとは別に、レタスは種からも育てている。
ポットに数粒蒔いて、1つのポットに2~3株の苗を育てて、
更に個々にポットに移植する方法が、ここ数年の僕のやり方。
c0149168_14265116.jpg

c0149168_14142480.jpg
4/14の早朝仕事前。ネギ苗を定植。



しかし、三日後にはこの有様。おそらく犯人は鹿。(被害は左の列のみ)
c0149168_14182078.jpg


そんなこんなで、決めました。
鹿電(鹿対策の電気柵)を設置することに。
数日かけて畑の外周の下草を刈ったり、倒木を除去したり。
c0149168_14214241.jpg

c0149168_1420329.jpg


畑の外周をキレイにする作業は、結構大変で開墾並みの重労働だったけど、
おかげで畑らしくなった・・・というか、自分が柵に囲われてる動物になったかのような気も・・・。そして、自然の風景に白線がやたら目立つので違和感があります。正直、やりたくはなかった・・・でも、そろそろ店でも野菜を出せるようにならないとねぇ・・・。

という訳で、今年は、昨年以上に頑張ります。
みなさん、食べにきてくださいね!

(電柵への通電は、バッテリー入手の遅れの関係で、後日へと持ち越しました。)

c0149168_14193346.jpg
4/20早朝の畑付近から見た、子持山と沼田市街地方面。山の麓にたなびく雲は、おそらく、そこを流れる利根川の流れにそって雲が発生したため。時々みられるこんな雲を僕は「へビ雲」と勝手に呼んでいる。
[PR]
# by moricof | 2011-04-27 17:25 | 畑の様子

2011シーズン

長らくご無沙汰しておりましたが、
8月から更新止まっていて 自分でもビックリ。

まあ、確かに昨年の畑はいろいろがイマイチでした。
そして冬の間もイノシシや鹿、ウサギによって荒らされまくってます。


これはイノシシの忘れ物?ごっそりと抜け落ちてしまったのでしょうか。
それとも、ここで決闘でもしたのかな。
c0149168_2223539.jpg


作物に関しては、見るも無惨に踏み荒らされて、写真を撮る気にもなれませんでした。

まあ、でも、めげずに今年も頑張ります。
c0149168_2215672.jpg

[PR]
# by moricof | 2011-02-21 22:08 | その他

8月25日 8月の畑(まとめ)

開墾畑、三度目の夏です。

去年とくらべ、収量はともかく、いろいろな変化が見られます。

と言っても、僕にしか分からない些細な変化。

例えば、コオロギ。
今年は、コウロギが多い。何故かは分かりません。
これから調べていこうと思います。

c0149168_21564884.jpg



他にも、バッタ(葉を食うから困る!)、カマキリ(害虫を食べてくれるから助かる!)なども増えてきて、一方で、ナガメなどの害虫はだいぶ減り、ウリハ虫はほとんど見なくなりました。

おかげで、ズッキーニの葉などは無傷です。
c0149168_221190.jpg



しかし、相変わらず、鹿の食害は酷く、今年は枝豆の葉のみならず、実まで食われております。
晩生の枝豆に期待しておりますが・・・鹿対策など何もやってないので、どうなることやら。


c0149168_21572684.jpg

こいつは、既に、畑の住人となり、定位置に鎮座。
かかった獲物を、糸でグルグル巻きにしてから食べます。
先日は、大きなアブを・・・。
ぷくぷく太っていってます。健康で何よりです。


昨年、好評だったイタリアのナス(ローザビアンカ)。
今年は、かなり成長が遅れているのですが、
どうにか実をつけ始めました。
c0149168_2253883.jpg



昨年の反省をふまえ、紫大根は早めに蒔きました。
通常より1ヶ月くらい早め。割と順調です。
c0149168_2222418.jpg



突然変異か!?白いズッキーニ。
今年は2株から、数本の白いズッキーニが誕生しています・・・。
一応、こいつは種採り用にこのまま放置。
c0149168_2293412.jpg





c0149168_22103510.jpg

こちらは、カボチャ並みに大きくなってしまった丸いズッキーニ。カチンカチンです。
c0149168_22135453.jpg

c0149168_22141163.jpg

その他、サトイモ、ネギあたりは順調に。
他は・・・

c0149168_22144642.jpg

本日の収穫。僅かですが、ダメかと思ったナスが生き返ってきたようで嬉しい。
トマトも、見た目はイマイチだけど、味は徐々に良くなってきている。

実際、キュウリも、ナスも、トマトも、自然農ならではの味わいが感じられ、
さらに、それが、自分以外の人にも認められてきている。

成長が遅い野菜、まったく収穫出来なかった野菜など、慣行農法に明らかに劣る味の野菜なども、多々あれど、3年目にして見られる変化は、来年はもっと良くなるはず!!と思うに十分な手応えと言えるだろう。

とりあえず、秋蒔き、そして晩秋にはニンニク、エンドウの種蒔き。
頑張ろうと思います。
[PR]
# by moricof | 2010-08-25 22:32 | 畑の様子

7月31日 7月の畑(まとめ)

危うく7月終わるところでした。

撮りためた写真をもとにこのひと月を振り返ってみようと思います。

今年一番気合い入れて苗を育て、植えたのがズッキーニ。
なにせ、ズッキーニは美味い!
c0149168_22163826.jpg


しかし、植えたズッキーニの半分くらいは成長が止まったまま。
成長の止まるズッキーニと止まらないズッキーニ、いったい何が違うのか!?

僕がこの自然農畑において今直面している問題は、この問いにすべて集約されているかもしれません。

他にも・・・
c0149168_22211090.jpg


わさび菜を蒔いた所では、たまたまこぼれ種で発芽した小松菜の方が生育が良かったりもする。

総合して思うのは、自然農では、土壌、日照、気温などの環境条件、そして種まき、移植のタイミングが、ピンポイントに揃わないと、順調に育てるのは難しい、ということ。
養分供給を、天然の落ち葉、枯れ草や、そして時々まく米ぬか、だけに頼っているこの農法では、
野菜にとって必要な時に、必要な養分を供給出来てないというのを実感するのであります。
と同時に植え時を間違えて、野菜の根が十分に張れてない状態というのも実感します。
そう、つまり、養分だけあってもダメ、植え時だけ合っててもダメ、という感じ。

もちろん、だから諦める、という訳ではありません。
いかにして、地力を高めるか。そして、この土地における植え時を知り、いかにして、根を伸び伸びと張らせるか、という辺りが、今後の課題なのかな、と思います。

それにしても、インゲンだけは順調だなぁ・・・。
c0149168_22405318.jpg

これは、勢い有り過ぎて、収穫のタイミングを逃してしまったもの。
来年用に種を取ります。
ちなみに、このインゲン類(ケンタッキー種。紫インゲン。モロッコインゲン)はすべて昨年採種したもの。モロッコなどは、明らかに昨年以上に美味しくなっていますが、インゲンではイマイチな株も・・・。
今年は良い種子を選抜して、来年に引き継いでいきたいと思っています。


最後は、毎年恒例の畑の珍入者。カブトムシ。
c0149168_22501329.jpg

カブトムシ自体は、珍でも何でもない普通のカブトムシ。

何が珍なのか、と申しますと、
たぶん、畑に居る僕にしか分からないと思うのですが、
畑上空をすっごく緩いスピードで、浮遊しているのです。何匹も!
その羽ばたきと言ったら、宮崎映画に出てくるパタパタ羽ばたく乗り物のよう。
(宮崎映画は、本当に自然をよく観察しているなぁ〜と感じるところです。)
時々、木々の枝葉に勝手ぶつかって、勝手に落下するその哀れさ。
可愛すぎて、写真に撮らずにはいれません。
(飛んでる所はさすがに撮れませんでしたが...。)


あぁ〜今年も夏が来たなぁ〜なんて口走った日には、
実はもう既に、その先の秋が念頭にあるのかもしれない。

実際、畑に立つと、梅雨時の草刈りの甲斐あってか、
早くも草の勢いが衰え始めていたり、
朝日の差し込む角度が変わっていることに気づいたり。

作業していても、たった数日前の雑草や日照りの暑さに泣かされた日々など忘れ、
枯れて朽ちてく雑草に覆われた畑ばかりが想像される。
きっと、そんなタイミングこそ、秋蒔きのタイミングなのだろう。

昨年、一昨年と、秋蒔きは完全に出遅れ、不発に終わっているので、
今年は、ちょっと早いくらいから、蒔き始めていこうと思っている。

そう、種袋に書いてある蒔き時でいうところの、北海道、東北地方あたりを目安に。
[PR]
# by moricof | 2010-07-31 23:59 | 畑の様子